FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除機おススメランキング

キレイなお部屋でスッキリとした毎日を過ごすためには、お掃除は欠かせません。

そんなお掃除の強い味方が掃除機ですが、今日、一口に掃除機と言ってもさまざまなタイプのものがあります。

選ぶポイントは、ご自分の日々に生活スタイルを見極めて商品を購入することです。




 ★掃除機おススメランキング第1位

TWINBIRD TC-E117W




•サイズ:230×225×1050mm
•本体重量:2.1kg


ツインバードというとメイドイン・チャイナと思いがちですが、
会社は新潟にあるのでレッキとしたジャパン製品といえ、
相性が良いという方もすくなくありません。


お値段もお安く、軽量であり小型のため使い勝手が良い反面、
見た目にはちょっとキャシャな作りと思われがちかもしれません。


掃除機の命はなんといっても吸引力ですが、その点については申し分ないと言えます。


髪の毛や微細なゴミなどは当たり前として、ダニの死骸やフン、
ハウスダストに至るまで面白いようによく取れると評判です。


構造もいたってシンプルで、手入れなどもしやすいのが嬉しいところです。


アマゾン⇒ TWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー ホワイト TC-E117W  

楽天⇒ ツインバード サイクロンスティック型クリーナー ホワイト TC-E117W / ツインバード(TWINBIRD) ... 



 ★掃除機おススメランキング第2位

レイコップ ふとん専用ダニクリーナー (ホワイト) BK-200JPW




★世界23ケ国で80万台以上の販売実績


アレルギー体質の方であれば、絶対におススメの掃除機。

お値段は20000円近くまでしますが、それだけの価値は十分にあります。

睡眠を大事にする人であればベッドシートやマットレスなどは、
いつも清潔であってほしいものです。


ダニクリーナーと言うだけに、布団だけでなく絨毯やカーペットなど面積のあるものの掃除には、
もってこいの掃除機と言えるでしょう。

ジャパンではないのでデザインは今一という感じです。
また、太いコードが収納できないのも困りものというところでしょうか。


溜まったゴミの処理は、中のフィルターを外してゴミを捨ててから水洗い。

乾燥させるのがちょっと面倒ですが、それだけ清潔であるということでもあります。


布団や敷物などに住み着いている、ダニや細菌などの処理には最適の掃除機と言えます。


アマゾン⇒ レイコップ ふとん専用ダニクリーナー (ホワイト)【掃除機】raycop SMART スマート BK-200JPW

楽天⇒ ブカンセムズ ふとん専用ダニクリーナー (ホワイト) 【掃除機】raycop レイコップ SMART スマー...



 ★掃除機おススメランキング第3位

Panasonic MC-PA22G-P




•サイズ:22.2×27.0×37.5cm
•本体質量:4kg(6kg(本体・ホース・延長管・床用ノズルを含む))
•消費電力:1000~約300W


いかにも新しい掃除機といった感じのゴミセンサー。


微細なゴミやほこりの多い場所などへ行くと、
掃除機が勝手にパワーアップしてくれるのです。


また、ランプがついているうちは、まだゴミがあると思って、
ついつい掃除にも熱が入ってしまいそうです。


ヘッドは小さくて小回りきき狭いところでは便利ですが、
女性にはちょっと重い感じがするかもしれません。


肝心の吸引力は申し分ない強さでしかも静か。


出来ればもう少しコンパクトであったらなとも思われますが、
長く使うことを考えれば、お得感タップリの掃除機と言えます。



ヘッドが小さくてよいのですが、少し重

ぐんぐんごみを吸います。 
静かだし、吸引力もOK。ヘッドのライトはゴミが良く見える。
新しい製品はよく考えてある。
ちょっと大きいのが残念。


アマゾン⇒ Panasonic 電気掃除機(紙パック式) クリスタルピンク MC-PA22G-P

楽天⇒ Panasonic 電気掃除機(紙パック式) クリスタルピンク MC-PA22G-PPanasonic 電気掃除機(紙パ...



 ★掃除機おススメランキング第4位

TWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー TC-E123SBK




•サイズ:22.5×15.5×102cm
•本体重量:1.7Kg
•素材・材質:本体・ダストケース・ハンドル:ABS、床用吸込口:ABS・PP、すき間ノズル・すき間ノズルホルダー:PP
•生産国:中国
•電源:AC100V 50-60Hz


掃除機としての吸引力には、少々、不満が出るかもしれません。しかし、毛足の長いカーペットならいざ知らず、普通のものであればまったく問題ナシですし、フローリングなどなら十分とも言えます。

軽量であり自立するタイプのものですので、使いやすさで評判です。また、シンプルな構造のためお手入れなども簡単です。

コードが巻き取り式でないのがちょっと残念ですが、それもL字型のパーツを使用すれば、それほど厄介とはなりません。

強弱の切り替えができないのは、お求めやすい低価格ということで、ガマンのしどころかもしれません。


アマゾン⇒ TWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー TC-E123SBK スケルトンブラック TC-E123SBK

楽天⇒ 軽さとパワフルさを両立した便利なクリーナーTWINBIRD/ツインバード 【納期未定】TC-E123SBK サ... 



 ★掃除機おススメランキング第5位

TWINBIRD HC-E251GY




•サイズ:14×29.5×23cm
•本体重量:1.9Kg
•素材・材質:本体・ダストケース:ABS、フロアブラシ・ソフトブラシ・延長パイプ:PP、柔らか伸縮すき間ノズル:PP+PVC
•生産国:中国
•電源:AC100V 50-60Hz


コードが長くコンパクトなので細かな掃除がしやすく、
専用ケースがありますので保管には便利です。


優れたデザイン性は女性に人気ですし、溜まったゴミ捨てもカンタンです。


そんな一方で、布のようなフィルターが吸い込んだ埃などで、
根詰まりしやすいという欠点も見られます。


そうなると当然、吸引力も落ちてしまいますので、よく洗う必要ありと言えます。


音や吸引力などの面でも、他のハンディクリーナーなどと比べてなんら損色ナシ。


それでいて低価格であることを思えば、お得な商品と言えそうです。


アマゾン⇒  TWINBIRD 強力にゴミを吸引 パワーハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX HC-E251GY メタリックグレー HC-E251GY

楽天⇒ 【お取り寄せ】TWINBIRD/ツインバードパワーハンディークリーナー 「ハンディージェットサイク...


-----------------------------------------------------------------------------------
掃除機カテゴリー一覧はこちら
掃除機おススメランキング
掃除機選びのポイント
-----------------------------------------------------------------------------------

掃除機選びのポイント

毎日、ほぼ必ず使う掃除機。そんな掃除機ならば、
“ラクしてキレイに”が一番のキーワードと言えそうです。


今日、掃除機といっても、さまざまなタイプの商品が紹介されておりますが、
大別して見ると、紙パックを使うのかサイクロン方式なのかの違いといえ、

それプラス、掃除機の生命と言える吸引力や清音性、また排気がキレイであること、
お手入れがカンタンであることなどがポイントとして上げられます。


さらに、大きさや形状などもメーカーにより、機種によりさまざまですので、
ご自分のライフスタイルに合わせたものを選択されると良いでしょう。


1、集塵方式の違い

掃除機のタイプとして大きく分けられるものに、集塵方式の違いがあります。

つまり、昔から使われている紙パック式と、最近、多く見られるようになった
サイクロン式となります。


それぞれにメリットデメリットがあり、また使いやすさという面でも、
好みにより人の意見もさまざまあるようです。


紙パック式のものは、埃やゴミを紙パックに集めるというタイプで、
密閉性が高くなるので、その分、吸引力も強いというメリットがある反面、
紙パックにゴミなどが溜まると吸引力も弱くなるというデメリットがあります。


一方、サイクロン式とは、竜巻状に吸いこんだゴミと空気とを遠心分離し、
ゴミはダストカップに、空気はフィルターを通過して排出されるというもの。


メリットは、紙パックがいらず経済的であること、吸引力が持続することなど。

デメリットとしては、ダストカップからゴミを捨てる際に、粉塵などが舞ってしまうため、
不衛生となりがちなところでしょうか。


2、省エネ性と排気クリーン

毎日使い、長く使うのが掃除機というもの。ましてやメインで使う掃除機となれば、
長い目で見た場合の経済性という点からも、省エネ性は不可欠と言えます。


もっとも最近では、ある程度の機種であれば、「省エネモード」は当たり前のよう
に搭載されているものでもあります。


これは、掃除する場所の素材や、ホコリの多い少ないなどを自分で判断してパワーを制御したり、
ヘッドが止まっていた場合は、パワーを落してくれたりと自分で判断してくれます。

長く使う掃除機であれば絶対におススメです。

一方、最近のトレンドでは、排気のクリーン度もかなりアップしているようです。


3、4タイプに分けられる掃除機の形状

掃除機の形状は、その使用目的に合わせて4つのタイプに分けることができます。
そのお家にあって、メインとなる掃除機なのかサブとしての役割なのか、

あるいは車専用掃除機であったり特定の場所だけ使う掃除機であったりと、
目的に応じたタイプのものを選択されると良いでしょう。


もちろん、それぞれの形状に応じて電源タイプも異なってきます。

ア)、キャニスタータイプ掃除機もっとも一般的に使用されているタイプのもので、本体にキャスターがついていて、
コロコロと転がしながら掃除をするものです。

イ)、スタンドタイプ掃除機
読んで字のごとく、スタンドしたまま収納しておくタイプの掃除機です。
コードレスタイプのものが多く、使い勝手が良いというメリットがあります。

エ)、ハンディタイプ掃除機サブとして使用するか、人にもよりますが車専用掃除機として用いる方も多いようです。
ちょっとしたゴミ掃除などには大変に便利で重宝されております。

ウ)、ショルダータイプ掃除機
最近では、ほとんど見られなくなりました。ベルトで肩にかけ、
狭い場所や階段などの掃除では便利です。コードレスタイプのものでは、
使用時間が限られているためサブとしての利用が多いようです。



-----------------------------------------------------------------------------------
掃除機カテゴリー一覧はこちら
掃除機おススメランキング
掃除機選びのポイント
-----------------------------------------------------------------------------------

★ブログのご案内★
プロフィール
ブログにご訪問いただきありがとうございます。これまで、さまざまな生活家電についてのライティングを作成してまいりました。その経験を生かし、さまざまな家電を紹介してまいります。 よろしく、お願い致します。

gaku

Author:gaku
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。