FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炊飯ジャー選びのポイント

おコメ離れが進んでいるとは言っても、やはりおコメは、私たち日本人には切っても切れない主食です。

そんなおコメを炊き上げるのが炊飯ジャー。

ただし、今日、その炊飯ジャーも各メーカーの技術力の向上にともなって、非常に多くの種類があり、
お値段もさまざまです。

そのため、選択肢の幅が広がった反面、どれを購入したら良いのか迷ってしまうのも現実です。

ご自分の家族構成やライフスタイルなども検討課題に取り入れてみて、

慎重に機種を選ぶ必要があると言えそうです。

目安として、一番の売れ筋は3人から5人程度の5・5合炊きで、お値段としては3万円前後といったところ。

しかし、それも内釜など高機能の出現により10万円ほどもする機種も登場するなど、
高級化が進む一方で、機能を削ることでよりお求めやすい価格設定をするなど、
各メーカーによりさまざまな営業展開を見せております。


1、炊飯ジャー選びのコツ

炊飯ジャーを選ぶ際のコツの基本は、ゴハンを炊く量の確認です。

つまり、ご家族が何人いて誰がどのくらい食べるのかなどを目安として、3合炊きで済んでしまうのか、
あるいは5・5合炊き8・5合炊き、もしくは1升炊きでないと間に合わないとか選択していくわけです。

また、朝、その日の1日分を、まとめて炊いておくなんて方もけっこう多いようですので、
そうなるとある程度の容量の炊飯ジャーが必要になるかもしれません。

炊飯ジャー選びのコツは、小さ過ぎては困りますが、かといって大きすぎても、
少な目にゴハンを炊いてもかかる電気代が大きくなってしまいますので困りものです。

炊飯ジャーを選ぶ際には、よくよくご自分の生活現場を顧みる必要があります。


2、主流はIH炊飯ジャー

炊飯ジャーは、その加熱方法によって3つのタイプに分かれます。

すなわち、マイコン炊飯ジャー、ガス炊飯ジャー、そして今日主流となっているIH炊飯ジャーの3つ。

さて、IHとは、電磁誘導加熱のことで、Induction Heatingの頭文字をとって、
IH炊飯ジャーと呼んでいるのです。

全体的にムラのないIH炊飯ジャーは、電磁力の働きにより内釜全体を加熱し、
また最近では炊飯する時に圧力をかける機能も加わっており、
ふっくらと美味しいゴハンが炊けると大評判です。

お値段の方は、5・5合炊きで1万円台から10万円台までけっこう幅広く取りそろっており、
マイコンの炊飯ジャーよりもお高くなっております。



-----------------------------------------------------------------------------------
炊飯ジャー一覧はこちら
炊飯ジャー おススメランキング
炊飯ジャー選びのポイント
-----------------------------------------------------------------------------------

★ブログのご案内★
プロフィール
ブログにご訪問いただきありがとうございます。これまで、さまざまな生活家電についてのライティングを作成してまいりました。その経験を生かし、さまざまな家電を紹介してまいります。 よろしく、お願い致します。

gaku

Author:gaku
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。