FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スチームアイロン選びのポイント

熱や蒸気を用いて、衣類のシワを伸ばしたり折り目をつけたりするアイロン。

非常に高温となるため、扱いに注意しないとヤケドを負ってしまうこともシバシバとか。

そんなアイロンも機能や価格面を見る限り、どのメーカーのものもそれほど大差はないようです。

ただし、今日、アイロンの主流となっているコードレスアイロンと従来のコード付きアイロンとでは、
その使い勝手が大いに異なってくるものです。

そのため、使う人によっては、満足感にも大きく影響するものとも言えそうです。


1、コード付きアイロンとコードレスアイロンの違いとは

コード付きアイロンとコードレスアイロンとでは、その使い勝手が全く異なってきます。

コードが無いコードレスアイロンでは、アイロンがけの際に邪魔となるコードがありませんので、
それだけ自在に前後左右に動かすことが出来ます。


しかし、数分に一度ぐらい充電しなければならないというデメリットもあります。

例えば、Yシャツ1枚アイロンをかけるのに何度も充電しなければならず、
それが面倒という方もおられます。


その点で言うと、コード付きは、コードが邪魔になるとはいうものの、
いつでも通電しているため、一度、高温に達すれば、
アイロンがけが終わるまでその状態が続くことになります。



2、安全で便利なコードレスアイロンの置き場

当たり前ですが、非常に高温となるアイロンは、
使い方を間違えると大きな事故にもなりかねません。


その点、コードレスタイプのものは、
置き場がそのまま充電台となっているため安全性が高いと言えます。


実際にコード付きアイロンをご使用になりながら、置き方を間違えてしまって、
床や他の衣類を焦がしてしまったなどという例はいくらでもあるものです。


また、コード付きアイロンの電源を切り忘れてしまい、
それが元で火事となってしまったなどということもよく聞かれます。


アイロンは身だしなみを整える上でも、大変に便利な家電ですが、
高温となる商品だけにその扱いには注意が欠かせません。


そうした点、コードレスアイロンの場合ですと、そうした心配は不要ですし、
使った後もフタをすればすぐに片付け可能となります。


ただし、そんなコードレスアイロンも長年使っているうちには、
充電機能の低下が見られ、例えば15年ほど使ったコードレスアイロンですと、
充電しても1分と持たないとの報告もあるようです。



3、アイロン選びのために

コード付きかコードレスの次に、アイロンの細かい機能にも着目すると、
衣類のアイロンがけにもよりハリが出てくるものです。


ポイントとしては、アイロンのかけ面に注目することです。


つまり、一般的にアイロンのかけ面は、フッ素コートのものが多いようですが、
チタンでコートされているものの方が、まず剥げにくいですし滑りも良くなります。


また、スチーム穴の目詰まりの防止やカルキが固まってしまうのを、
防止する機能があるものを選ぶことです。


そして、形状も従来の片方だけ尖ったものではなく、両方尖ったものですと、
使いやすさが断然良くなってきます。



-----------------------------------------------------------------------------------
スチームアイロンカテゴリー一覧はこちら
スチームアイロンおススメランキング
スチームアイロン選びのポイント
-----------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

★ブログのご案内★
プロフィール
ブログにご訪問いただきありがとうございます。これまで、さまざまな生活家電についてのライティングを作成してまいりました。その経験を生かし、さまざまな家電を紹介してまいります。 よろしく、お願い致します。

gaku

Author:gaku
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。