FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IH調理器選びのポイント

電気抵抗を熱源として用いるIH調理器。火を使わないので危険が少なく済み、
その分、安心であり安全であると言えます。

一方、災害時などには非常に威力を発揮するのも、IH調理器というものです。

というのも、災害ともなれば真っ先に絶たれてしまうのが電気ですが、同じように、
真っ先に回復するのものやはり電気だからです。

これがガスともなると、どんなに早くとも1ヶ月、ちょっと遅いと3ヶ月ぐらいは
その復旧に費やしてしまうものです。

そのため、阪神淡路大震災でも東日本大震災でも大活躍し、多くの人たちに貢献しているのです。



1、IH調理器とは

IH調理器のIHとは、「Induction Heating」(誘導加熱)の略。

すなわち、器具によって鍋などの底に発生した電流の電気抵抗により熱を生み出し、
それによって調理などを行うもの。

その際は、熱の発生は電気抵抗がポイントとなりますので、
これが起きないモノなどでは調理が出来ないことになります。

そのため、IH調理器では、すでにお家にあるすべての鍋やフライパンがそのまま使えるわけではなく、
鉄かステンレス製の器具に限られておりました。

ところが、最近では、オールメタル対応タイプという商品も登場し、
旧来は使用できなかった銅やアルミ製品のものでも使えるようになっております。

そのため、すでにお家にアルミや銅の鍋などがたくさんあるなどと言う方や、お気に入りがた
またまアルミや銅の調理器具であった場合などは、オールメタル対応タイプのものを選ぶと良いでしょう。

一方、それでも調理器具についてなんとなく不安が残るというのであれば、IH調理器用の調
理鍋などもありますので、ご使用になってはいかがでしょうか。

これには、たこ焼き用プレートから天ぷら用鍋などまで、すべて一通りそろってお
りますから自由に選ぶことができます。



2、IH調理器・メリット、デメリット

IH調理器の特徴と言えば、火を使わないことと調理面がフラットなこと。

火を使わないことは家事などの危険を回避することが出来ますし、
調理面がフラットであればお手入れがカンタンとなります。

また、キッチン周辺が熱くならないこともメリットとして上げられます。

一方、まだまだ本体価格がガスコンロなどに比べるとお高く、ガスを使わなければガス代がかかりませんが、
その分電気料金が上乗せされることになります。

これまで以上に電気を使うとすれば、契約アンペアの更新などが必要となる場合もあり、
そうなると基本料金などもアップしてしまいます。

また、使える調理器具などが限られてしまうというデメリットもあります。


3、よくある質問

Q,
火力について
A,
IH調理器は、乗せる鍋それ自体を発熱させるため、熱効率が非常によいことがしられております。
2KW程度でも、十分にガスコンロ程度の熱量を発生させることが出来ます。


Q,
オールメタル対応タイプとは
A,
これまでIH調理器では、アルミや銅で出来た鍋やフライパンは使用出来ませんでした。

しかし、オールメタルとなると、その名の通り使うことができるのです。

それまで、お家にあったアルミや銅の調理器具がそのまま使えるとあって、
こちらを購入される方が増えております。


Q,
プレートが割れることはないか
A,
通常の場合、トッププレートは非常に固い硬質セラミックで出来ておりますので、
カンタンに割れたり傷ついたりすることはありません。



-----------------------------------------------------------------------------------
IH調理器カテゴリー一覧はこちら
IH調理器おススメランキング
IH調理器選びのポイント
-----------------------------------------------------------------------------------


コメントの投稿

非公開コメント

★ブログのご案内★
プロフィール
ブログにご訪問いただきありがとうございます。これまで、さまざまな生活家電についてのライティングを作成してまいりました。その経験を生かし、さまざまな家電を紹介してまいります。 よろしく、お願い致します。

gaku

Author:gaku
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。