FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性用シェーバー選び方のポイント

無精と言われないためにも、顔ヒゲはキチンと剃ることが大事です。

そんな顔ヒゲの処理には、大きく分けて2通りあります。

一つは昔ながらのカミソリを使用したウエットシェービング、
そしてもう一つが、シェーバーを使ったドライシェービングです。

ちょっと前まで、シェーバーは手軽に剃れる反面どうしても剃り残しが出てしまい、
残ったやつを、結局はカミソリで処理するなんてことをやっていたものです。


ところが、今日、性能や機能の面でも格段の進化を遂げ、
使用後のスッキリ感にも大差は無くなってきたとも言われております。


1、メンズシェーバーのタイプ

一口にメンズシェーバーとは言っても、3つのタイプがあります。

すなわち、回転タイプとローターリータイプ、そして往復タイプのものがそれで、
それぞれに特徴があります。


まず肌の弱い方であれば、回転タイプを選ぶと良いでしょう。


どちらかというと、ヒゲの薄い方に向いていると言え、
お肌に優しくヒゲを剃りあげてくれます。


肌に優しいといえばローターリータイプも同じですが、
こちらはそれプラス深剃りしたい方におススメの機種です。

らせん状に並んだ刃が回転しながらカットしていくため、
滑らかで音が静かなのが特徴です。

一方、往復タイプのものは読んで字のごとく、
刃が左右に往復しながらカットしていくもので、
深剃りの方ヒゲが濃いという方などにおススメです。


それぞれ、ご自分の肌の質やヒゲの具合などに合ったものを選ぶべきでしょう。


2、シェーバーに何を求めるべきか

シェーバーを選ぶ、一番のポイントは、
まずはご自分の肌やヒゲの質を知るということです。

すなわち、肌が強いのか弱いのか、ヒゲが濃いのか薄いのか、
それによって適したシェーバーを選ぶということです。


そんな一方で、シェーバーに求める機能は、使う人にとって、
相反する性質であることも知っておくべきです。


すなわち、深剃りが出来るということは、
それだけ肌を傷つけやすいということであり、

剃りのスピードを求めるとすれば、音がうるさかったり、
お手入れが複雑であったりします。


メンテの面でも、全自動洗浄といえばラクであり、
キレイでニオイもないことから大変に便利ですが、
本体価格もけっこうなお値段となり、維持費も決して安くはありません。


そのため、最新の機種が使用する本人にとって、
必ずしもベストとは言えず、安価なもので十分という方だっておられるのです。



-----------------------------------------------------------------------------------
シェーバー・カッターカテゴリー一覧はこちら
シェーバー・カッターおススメランキング
シェーバー選び方のポイント
-----------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

★ブログのご案内★
プロフィール
ブログにご訪問いただきありがとうございます。これまで、さまざまな生活家電についてのライティングを作成してまいりました。その経験を生かし、さまざまな家電を紹介してまいります。 よろしく、お願い致します。

gaku

Author:gaku
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。