FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアドライヤー選び方のポイント

洗髪後、ヘアドライヤーで髪を乾かすということは必要でしょうか。

結論から先に言うと、これはその通りです。

よく、“髪は自然乾燥が良い”という話を耳にします。

確かにその通りではありますが、一方、頭皮にとっては思わぬトラブルが待っていることも事実です。

というのも、髪が濡れたままで放置しておくと、頭皮に菌が繁殖することになり、
フケやカユミ、ニオイ、さらにはそれが原因でハゲになることもあるのです。


また、髪の表面のキューティクルは、
洗髪の際に水分を吸収することで開いたままとなってしまっているのです。

これは髪にとっては、非常に無防備な状態に置かれていると言ってよく、
そんな時にタオルでゴシゴシなどとやっては、わざわざ髪を傷めているようなもの。

こうしたトラブルを避けるためにも、洗髪した髪は、出来るだけ早く乾かした方が良いのです。


さて、ではそんなヘアドライヤー選びのポイントをいくつか上げてみたいと思います。


1、ドライヤーの風力
ドライヤーの風力が強ければ、それだけ髪を早く乾かすことが出来ます。

そのため、これはヘアドライヤーの生命と言っても良さそうです。

早く乾かすことが出来れば、それだけ電気代も安くて済み、熱を当てる時間も少なくて済みますので、
髪へのダメージも最小限に抑えることができます。

そんな一方で、それだけ音も大きいということがありますので、音を気にしなければならないようならば、
「弱」へと切り替えることが出来るタイプのものが良いでしょう。


2、ドライヤーの音
今日の技術進歩はめざましいものがあり、
ドライヤーもかつてのものと違い低騒音タイプのものもありますので、
音を抑えたい人であればおススメです。


3、ドライヤーの外観さまざまなデザインのものが紹介されているヘアドライヤー。

大き目のタイプから旅行用には打ってつけのコンパクトタイプのものまでいろいろです。

形や大きさなども含めて、ご自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが出来ます。


4、その他の機能
一口にヘアドライヤーとは言っても、今日、様々な機能が負荷されたものが紹介されております。

大きく分けて3つぐらい上げられるでしょうか。

すなわち、乾燥のみのもの、静音タイプのもの、イオンタイプのもの。

なかでも話題のイオンタイプのものには、マイナスイオン、ナノイーイオン、
プラズマクラスターイオンがあります。


マイナスイオンタイプのものは、髪を静電気から守ってくれますし、
ナノイーイオンタイプのものは、髪の内部へと水分を浸透させることで、
髪に潤いと輝きを与えることができます。

また、プラズマクラスターイオンタイプのものは、水分を逃すことなく、
静電気を抑えることで髪をまとまりやすくしてくれます。



-----------------------------------------------------------------------------------
ヘアードライヤー一覧はこちら
ヘアードライヤーおススメランキング
ヘアードライヤー選びのポイント
-----------------------------------------------------------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

★ブログのご案内★
プロフィール
ブログにご訪問いただきありがとうございます。これまで、さまざまな生活家電についてのライティングを作成してまいりました。その経験を生かし、さまざまな家電を紹介してまいります。 よろしく、お願い致します。

gaku

Author:gaku
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。