FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーナビ選びのポイント

行楽やお仕事などでのドライビング。そんな時の強い味方といえばやっぱりカーナです。

仕事や個人での用向きはもちろん、美味しくて評判のラーメン屋や焼肉店を探そうとするときでも、
ご家族での旅行などで目的地への最短ルートを検索するためにも、カーナビがあると非常に便利です。

そんなカーナビも今日、さまざまなメーカーから多彩な機種が登場しており、
いざ購入しようと思ってもどれを選んで良いのか迷ってしまうほどです。


1、2つのタイプのカーナビ

一口にカーナビといっても、大きく分けて2つのタイプに分けることが出来ます。

すなわち、固定タイプのカーナビとポータブルタイプのカーナビです。

性能という点からいうと断然、固定タイプの方が上で、これは衛生からの情報を含む多元的な情報によって、
即座に現在位置を判断することができます。

優れたところは、トンネルの中でもカンタンに進行ルートを外したりすることがないことです。

また、大画面モニターや豊富な機能にも、単調になりがちなドライビングを楽しいものにもしてくれます。

一方、機動力という面からいうと、ポータブルタイプは魅力に富んでおります。

車からカンタンに取り外しができるポータブルタイプは、
途中で食事のために立ち寄ったレストランなどに持ち込み、
食事をしながらでもこれから向かう目的地へのルートを検索することが可能です。

ナビとしての機能そのものは、固定タイプと比べて多少は落ちるものの、
固定タイプにはない魅力があります。

さらに、車を複数台持っているなんて方にとっても、ポータブルタイプが一つあれば使いまわしが出来ます。

どちらを選ぶかは、それぞれのカーライフによって異なると言えるでしょう。


2、カーナビ設置のための「DIN」の確認

カーナビを固定タイプにした場合、当然、自分の車にそれを設置することになります。

その際に、まず確認しなければならないものは設置スペースというものです。

通常、車のダッシュボードには適度な大きさのボックスが用意されております。

オーディオやカーナビなどは、このボックスに収納することが多いことから、
このサイズに合わせて作られているのです。

そして、このサイズは、ドイツの工業規格からきた縦50ミリ、横178ミリと決まっており、
Deutsch Industrie Normの頭文字を取って「DIN」と呼んでいるのです。

最近、主流となっているのが7インチぐらいのモニターですが、
「DIN」が2つある2DINですと、モニターが前面にそのまま配置できるので操作も楽になります。

最近では、最初から2DIN分のスペースを用意した車が増えているため、こちらが主流にもなっております。

もっとも、1DINしかない場合は、それ用のカーナビを選ぶしかありません。

一方、新車を購入するという場合ですと、
カーナビがすでに付属しているという場合も少なからずあります。

それほど機種にこだわりを持たないという方であれば、
収まりにもデザイン性に富んでいるためおススメなのではないでしょうか。



-----------------------------------------------------------------------------------
カーナビカテゴリー一覧はこちら
カーナビゲーションおススメランキング
カーナビ選びのポイント
-----------------------------------------------------------------------------------

★ブログのご案内★
プロフィール
ブログにご訪問いただきありがとうございます。これまで、さまざまな生活家電についてのライティングを作成してまいりました。その経験を生かし、さまざまな家電を紹介してまいります。 よろしく、お願い致します。

gaku

Author:gaku
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。