FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フードプロセッサ選びのポイント

自分たちの食べる食材を、「刻む」「混ぜる」などの他にも、「つぶす」「切る」「卸す」「こねる」など、
幅広い活躍が期待できるフードプロセッサ。

使い方により調理の幅も広がるため、ご家庭に1台はあると非常に便利な器具と言えそうです。

そんなフードプロセッサも、形状により据え置きタイプのものとスティックタイプのものに分かれ、
サイズも大小さまざまな製品が市販されております。

ところで、この家電製品、買ってから使わなくなってしまう“死蔵率”が高いことでも知られているのです。

そんなことにならないようにするため、購入前にご自分の家庭状況などを考えてみて、
ムダとならないような選び方をしたいものです。


1、タイプ別の特徴

通常、フードプロセッサには、大まかに見て、容器の下に台座が据えられている据え置きタイプのものと、
「ブレンダ―」と呼ばれるスティックタイプのものなどがあります。

据え置きタイプのものは包丁で切れるものに使うのが目安であり、汁物やジュースなどには向かないと思
うべきです。メーカーによっては可能とする製品もありますが、ジュースなどを作るのであれば、
それ専用の機種を用意されるべきです。

一度に大量に下ごしらえが出来ますので、家族の多い人にはおススメです。

一方、スティック状の先端に刃がついたスティックタイプのものは、「ブレンダ―」とも呼ばれる通り、
そもそも「まぜる」「つぶす」のが本来の仕事となります。

これですと、ジュースやスープなどもカンタンに出来ます。少人数のご家庭向きとも言えるかもしれません。


2、メリット・デメリット

大きく2つのタイプに分けられるフードプロセッサには、それぞれメリット、デメリットがあります。

据え置きタイプの「フードプロセッサ」のメリットとしては、一般的にモーターが大きいため、
一度にたくさんの量の下ごしらえが可能となります。

また、台座に乗せられた容器が固定されているため安定しており、手で支えている必要がない
ので他の作業もできます。

最近では、さまざまなサイズのものがありますので、家族の人数などに合わせて大きさを選ぶ
ことも可能です。

デメリットとしては、販売しているメーカーや機種にもよりますが、
お手入れに少々手間取ることがあるようですし、据え置きタイプですか、
設置スペースも必要となります。

一方、スティックタイプの「ブレンダ―」にも、メリットやデメリットがあります。

メリットとしては、こちらはコンパクトな作りとなりますので、置き場所に困ることもなく、
気軽に使えるところが人気ともなっております。

また、鍋やボールなど他の調理器具に入れて使うものですので、洗い物が増えることがなく、
本体としても洗う部分が少ないのでお手入れが楽です。

そうした反面、デメリットとしては、一度にたくさんの量をこなすことが出来ず、
「刻む」作業の際には容器を別に準備する必要があります。




-----------------------------------------------------------------------------------
フードプロセッサーカテゴリー一覧はこちら
フードプロセッサーおススメキング
フードプロセッサー選びのポイント
-----------------------------------------------------------------------------------

★ブログのご案内★
プロフィール
ブログにご訪問いただきありがとうございます。これまで、さまざまな生活家電についてのライティングを作成してまいりました。その経験を生かし、さまざまな家電を紹介してまいります。 よろしく、お願い致します。

gaku

Author:gaku
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。